ハイブリッド車のバッテリー上がりの対処法を現役整備士が解説

ハイブリッド車の所有者
「ハイブリッド車のバッテリーが上がりを即解決したい・・・」
「ハイブリッド車が上がった時の症状や対処法を教えてほしい」

結論からお伝えすると、バッテリー上がりを復旧するには以下の3つの方法しかありません。

  1. ジャンプスターターを使って復旧する方法
  2. 救援車を使ってジャンプスタートする方法
  3. ロードサービスや救援業者に依頼する方法

この記事では、ハイブリッド車のバッテリー上がりの原因や症状、対処法まで徹底的にお伝えします。

整備士くん
緊急で車を動かしたい方は、カーバッテリー110番もしくはJAF(日本自動車連盟)に連絡をしましょう。プロが安全、確実に車を動かしてくれます。

\最短5分!出張費0円!
カーバッテリー110
カーバッテリー110

バッテリーが上がった時の症状

まず、今の症状がバッテリー上がりなのかを確認しましょう。バッテリーが上がると以下のような症状が現れます。

  • エンジンが始動できない
  • メーターが光らない
  • ライトやカーナビなどの電装品が使えない

ハイブリッド車のバッテリーの仕組み

ハイブリッド車のバッテリーはエンジン車に比べてとても大きく、バッテリー上がりなどあまり起こらないように感じていたかもしれません。

しかし、ハイブリッド車にもエンジン車と同じ12Vのバッテリー、すなわち「補機バッテリー」が積まれてあり、その「補機バッテリー」が上がってしまうことにより、エンジン車のバッテリー上がりと同様の症状が現れます。ここでハイブリッド車のバッテリーについて少しお話します。

エンジン車はエンジンが1つに対して、ハイブリッド車は以下のような2つのエンジンがあります。

  • ハイブリッドバッテリー
  • 補機バッテリー

この2つの種類です。違いは、それぞれの電気の使用用途です。

「ハイブリッドバッテリー」は、高電圧でモーターを駆動するためのメインバッテリーです。「補機バッテリー」は、ハイブリッドシステムを起動するための電源で、ライトやカーナビ、速度メーターを利用するための電気を供給するためのもの。

ここでは本題ではないので詳しく話さないので、2つのバッテリーがあるのだなと認識するだけで大丈夫です。では結局、何が言いたいかというと、先ほどもお話ししたようにエンジンが上がってしまう原因は「補機バッテリー」にあるということです。

「補機バッテリー」が上がる4つの原因

バッテリーが上がるのには必ず理由があります。なのでその理由さえわかれば予防ができバッテリー上がりを防げますので参考にしてください。

電気系統の消し忘れ。ヘッドライトの消し忘れ等。

車が停車中にヘッドライトや室内灯などをつけっぱなしにしていると電力はどんどん消費していきバッテリー上がりの原因になります。なぜなら、車のエンジンは走行中に充電され、停車中は電力を消費していく一方だからです。場合によっては数時間から一晩でバッテリーが上がる可能性があります。

温度の低下によるバッテリー性能の低下

バッテリーの中にはバッテリー液で満たされています。バッテリー液の性質上、温度が下がると性能が落ちるので冬はバッテリーが上がりやすくなります。新品のバッテリーでも氷点下の温度になると性能は落ちます。エンジン始動までの時間も通常時よりかかるので時間に余裕をもって家を出ましょう。

車を使わないことによる自然放電

車は長期間乗っていないと自然放電してバッテリーがあがってしまう要因になります。車を動かしていない期間もカーナビや時計など電気で動いてる装置は常に作動してます。そのため少しずつではありますが自然と電気が使用されているので、車を運転して充電しないといけません。目安としては週に1回は30分以上運転しましょう。近くのスーパーだけなどの短時間の走行だと充電がしっかりできないので注意してください。

バッテリーの劣化

バッテリーの劣化によるバッテリー上がりもあります。バッテリーの寿命は大体の目安は2,3年といわれていますが使い方にもよりますので簡単に解説します。前述したとおり、車は走行中に充電されるが実際には信号で止まったり、他の電装品にも電気を使うのでしっかり長い時間走らないと充電さえれません。最近は防犯装置もしっかりしてる分、停車中も電力の消費が大きくなります。

バッテリーの交換はディーラーやオートバックスなどのカー用品店、出張してくれる会社など様々あります。金額的には30,000円から40,000円前後(バッテリー代、工賃込み)です。バッテリーを自分でネットなどで用できる場合は出張サービスが一番安くなります。一からすべて任せたい人はディーラーやカー用品店に任せましょう。

ほとんどの場合がこの4つに当てはまります。もしかしたら、身に覚えがあるのではないでしょうか。では実際にバッテリーが上がってしまった場合の、解決法をお伝えいたします。

バッテリーが上がった場合の3つの対処法

バッテリー上がりの対処法は、ハイブリッド車ならではの注意点も存在します。エンジン車と同様に対処してしまうと、取り返しのつかない事態にもなりかねません。

そちらについても詳しくお話しします。

対処法①救援車を呼び、ジャンピングで解決

ジャンピングとは他の車から電気をもらってエンジンをかけることです。ここでの他の車のことを「救援車」と呼びます。ただ、ここで2つ注意事項があります。

  1. ① ブースターケーブル(赤色と黒色のコード)がその場にあることが前提。もし、ない場合は対処法②or➂に進んでください。
  2. 「救援車」は絶対エンジン車にしてください。ハイブリッド車でハイブリッド車の救援は行えないからです。「エンジン車のバッテリーだけでは足りないのではないか」と思うかもしれませんが、あくまでエンジンの始動に使うので何も問題はありません。救援車は、故障車とバッテリーの電圧が同じ12Vであることが望ましいです。乗用車のバッテリーの電圧は、軽自動車や普通車、または外車でも12V(ボルト)です。

では、具体的な対処法をこれからお伝えします。

ブースターケーブルの繋げ方※救援車を近くに停め、ボンネットを開けてからスタート

  1. バッテリー上がり車のプラス端子に、のブースターケーブルを取り付ける
  2.  救援車のプラス端子に、のブースターケーブルを取り付ける
  3. 救援車のマイナス端子に、黒のブースターケーブルを取り付ける
  4. バッテリー上がり車のマイナス端子に、黒のブースターケーブルを取り付ける。(救援端子で行っている場合は、塗装のされていない金属部分に取り付ける)
  5.  救援車のエンジンをかけ少し回転数を上げておく(5分間ほど)※この時、AT車はパーキング、MT車はニュートラルに入れてください。さらにサイドブレーキがしっかりと掛かっていることを確認してください。
  6. バッテリー上がり車のエンジンをかける
  7.  ブースターケーブルを外す。※バッテリーが上がった車のエンジンが始動すると、ブースターケーブルを外しましょう。取り外す順番はバッテリーの上がった車のマイナス端子(金属部分)が最初です。続いて、救援車のマイナス端子⇒救援車のプラス端子⇒バッテリーが上がった車のプラス端子これは取り付け方と全く逆の順番となります。この順番を間違えると火花が出たりするので、間違わないように覚えてください。

ブースターケーブルは専門店以外でも購入可能です。選び方にもコツがあるので少し紹介します。ここで重要なのが、許容電流値です。許容電流値とは最大でどれくらいの電力が流せるかということです。この値は○○Aで表されて、車種によって必要な値は異なりますが、普通車の場合100Aあれば対応は可能なので100Aを選んでおきましょいう。値段も安いと1,000円台でありますが、長いと数年間使わずに車内に置いておくことになりますので、安すぎると経年劣化していざ必要な時に使えなければ意味がないのでおすすめはしません。

対処法②ジャンプスターターを使う

また、同じような方法でジャンプスターター(エンジンスターター)を使用することで今度は他の車(救援車)を用意せずに自力で復活する方法もあります。ジャンプスターターとは、バッテリー上がりを起こしたクルマのエンジンを始動させるためのいわば、モバイルバッテリーです。ここでの注意事項は、その場にジャンプスターターがない場合は、対処法③に進んでください。

手順はこちらです。

  1. ジャンプスターターの付属ケーブルを
    バッテリーが上がった車のバッテリーに接続します。
  2. 赤いプラスのコードをバッテリーが上がっている車のプラス端子に接続
  3. 黒いマイナスのコードをマイナスの端子に接続
  4. ケーブルをジャンピングスターター本体に接続
  5. ジャンピングスターターを接続し、電源を入れ1分ほど待ち、エンジンを始動させます。
    スターターモーターが回ってエンジンが掛かれば処置は完了。
  6. エンジンが掛かかると、ジャンピングスターターの電源を切り、
    バッテリーのマイナス端子(黒)、プラス端子(赤)の順番で接続したクリップを外します。

ジャンプスターターも今日ではいろんなところで手に入るようになりました。ネットやホームセンターなど。どう選べばいいかわからないと思いますので、ちょっとしたコツも紹介します。基本的に大型トラック以外の普通車は12V(ボルト)を選んでください。そして重要なのが、A(最大電流)ですが排気量が大きいスポーツカーなど以外は700mAhあれば十分です。最後はmAh(バッテリー容量)ですが、特に気にする必要はないですが大きければ充電できる回数が増えます。今の製品はスマホのモバイルバッテリーとしても使えるので、日ごろからスマホも充電する人はおおきめを買っておきましょう。

対処法③ロードサービスを利用する

バッテリー上がりを自分で対処するのが難しい方は、プロに依頼しましょう。自分で無理になんとかしようとして、事故やけがにつながっては大変です。

ちなみに、、JAF(日本自動車連盟)によると、2019年度の救援要請は209万7083件である。

要請内容のトップ3は、

1位 バッテリー上がり 82万0733件
2位 パンク等 41万2165件
3位 キーの閉じ込め 15万4753件

このデータからわかるのは、自分で対処している方も多いとは思いますが、プロに最初から頼む方も多いということです。

例えば、有名な会社でいうとJAFがあります。
会員様だと、バッテリー上がりやパンク、キー閉じこみ、燃料切れ、事故や故障でのけん引・搬送作業など、さまざまなロードサービスを無料で受けられます。ちなみにもし会員様ではない場合、バッテリー上がりの場合、¥13,100‐かかります。そのほかのサービスでも¥10,000~¥17,000の料金がかかります。なので、車に乗る人は会員になっておくべきです。

症状と価格表 会員 非会員
バッテリー上がり (昼間、一般道での応急始動作業) 無料 13,100
パンク (一般道でのスペアタイヤとの交換作業) 無料(1本無料) 13,330
キー閉じ込め (夜間、一般道でのドア開放作業) 無料 15,230
燃料切れ (昼間、高速道での燃料切れ給油作業(PA、SA以外)) 無料 16,770
故障車けん引 (昼間、一般道での故障車けん引) 無料(15kmまで) 13,130

※燃料切れ⇒サービスカー通行料・燃料代別途

※故障車けん引⇒けん引料730円(1km毎)別途

JAFの会員費も記載しておきます。

入会金 年会費
通常入会 2,000 4,000
クレジットカード入会 1,500 4,000

これらを見ると年間1回でもトラブルに見舞われてしまうと考えても保険として加入しておくべきでしょう。年会費は1か月に換算すると約333円で、初年度(通常会員)だとしても1か月500円の計算になります。

もう一つお勧めが、カーバッテリー110番です。バッテリーのことなら何でも相談でき、出張料無料で、最短5分で全国どこでも365日24時間対応なのですごく便利です。

まとめ

ハイブリッド車でもエンジン車と同じようにバッテリーは上がってしまいます。その原因は2つあるうちの「補機バッテリー」にあります。その対処法は大きく3つあります。

  1. ジャンピングという救援車を呼んで、エンジンをかける方法です。
    注意点は
    ① 救援車は必ずエンジン車であること
    ② ブースターケーブルがあること
  2. ジャンプスターターを使う
    これもジャンピングスターターというモバイルバッテリーがないとできません。
  3. ロードサービスを利用する。

1つ目2つ目も素人の方でも行うことはできますが、不安や怖さはあると思いますので、最初からプロに依頼するのも賢い選択でしょう。JAFやカーバッテリー110番は迅速に対処してくれるのでお勧めです。