ガソリンスタンドでバッテリー上がりを解決!充電方法と注意点も解説

Name
「愛車のバッテリーが上がり、動かなくなってしまった・・・」
「ガソリンスタンドで解決できるのかな・・・」

バッテリーが上がってしまった方に向けて、このような悩みにお応えします。

本記事の内容

  • バッテリー上がりのガソリンスタンドでの解決法
  • ガソリンスタンド以外の対処法
整備士くん
緊急で車を動かしたい方は、カーバッテリー110番もしくはJAF(日本自動車連盟)に連絡をしましょう。プロが安全、確実に車を動かしてくれます。

\最短5分!出張費0円!
カーバッテリー110カーバッテリー110

ガソリンスタンドでバッテリー上がりを解決!

実は、バッテリーが上がった時にガソリンスタンドでもバッテリーの充電をしてくれます。

それであれば、ガソリンスタンドはたくさんあるので助かると思う方も多いでしょう。

しかし、ガソリンスタンドで充電してもらう際に注意点が2つあるのと、できればこの方法は最終手段と思っていてほしいです。

急速充電でバッテリーに負担大

ガソリンスタンドで行う充電の注意点の1つ目は、急速充電しかできない点です。

急速充電というと速く充電されて良さそうですが、バッテリーにかなりの負担がかかります。

バッテリーに負担がかかるとバッテリーが劣化しやすく、何度も行っていると寿命が短くなります。

そうなるとバッテリー交換のタイミングが早くなったり、バッテリーが上がりやすくなるのです。※通常、バッテリーはゆっくりと充電するのが理想。

ガソリンスタンドで充電する場合、費用は2,000円ほどです。

車が全く動かない場合は難しい

注意点の2つ目は、ガソリンスタンドまで持っていかないといけない点です

基本は走れる状態での利用なので、完全にバッテリーが上がった場合は利用が難しいです。

まれに出張サービスができる店もあるみたいですが、たとえ出張できても出張料も高く10,000~15,000円が相場なのでお勧めはしません。

また、急速充電を行っていない店舗もあるので、確認してから行きましょう。

ガソリンスタンド以外での対処法3選

ガソリンスタンドでの充電が難しいことと分かったと思います。

では、バッテリーが上がるとガソリンスタンド以外で他にどのような解決法があるのでしょうか。

対処法①他の車とケーブルをつなぐ

この方法はブースターケーブル(赤色と黒色のコード)を利用して他の車から電力を分けてもらうことです。

ただ、ここで3つ注意事項があります。

  1. ブースターケーブル(赤色と黒色のコード)がその場にあること。もし、ない場合は対処法②or➂に進んでください。
  2. 「救援車」は絶対ガソリン車であること。ハイブリッド車同士での救援は行えないからです。
  3. 救援車のバッテリー電圧は、故障車と同じ12Vであること。乗用車の電圧は、軽自動車や普通車、または外車でも12V(ボルト)です。

では、ブースターケーブルの繋げ方をご紹介します。

  1.  バッテリーがあがった車のプラス端子に赤色のケーブルを
  2.  救援車のプラス端子に赤色のケーブルを
  3.  救援車のマイナス端子に黒色のケーブルを
  4.  バッテリーが上がった車のプラス端子に黒色のケーブルを
  5.  つなぎ終わると、救援車のエンジンをかけて充電が開始される
  6.  数分でエンジンがあがった車のエンジンをかける
  7.  そのあと、30分以上運転して充電する

ブースターケーブルは専門店以外でも購入可能です。選び方にもコツがあるので少し紹介します。

ここで重要なのが、許容電流値です。許容電流値とは最大でどれくらいの電力が流せるかということです。

この値は○○Aで表されて、車種によって必要な値は異なりますが、普通車の場合100Aあれば十分です。

値段はオンラインで2,000円前後から購入が可能です。

対処法②ジャンプスターターを使う

次は、ジャンプスターターを利用して自分の力だけで復活する方法です。

ジャンプスターターとは、モバイルバッテリーのようなものです。

ジャンプスターターを車の端子に繋ぐと充電ができるので他の人の力を借りなくても解決できます。

この方法は、手元にジャンプスターターがあればできます。

では、具体的な繋げ方をお伝えします。

  1. エンジンとライトを切る
  2. ボンネットを開ける
  3. 赤いケーブルを車のバッテリーのプラス端子に繋ぐ
  4. 黒いケーブルを車のバッテリーのマイナス端子に繋ぐ
  5. ジャンプスターター本体にケーブルを接続
  6. 本体の電源を入れる
    ※充電させるためにある程度時間を置き、エンジンがかかったら成功。
  7. エンジンをつけたまま、先ほどと逆の手順でケーブルを外す(黒いケーブル→赤いケーブル)
  8. 充電が不十分なので、30分程走って充電する

ジャンプスターターはオンラインでも購入できるので、緊急事態に対応できるように1つは持っていてもいいでしょう。

今の製品はスマホのモバイルバッテリーとしても使えるので、バッテリー上がり以外にも活用できます。

どのように選べばいいのかわからない方のために、選び方も紹介しておきます。

基本的に大型トラック以外の普通車は12V(ボルト)で大丈夫です

そして重要なのが、A(最大電流)ですが、排気量が大きいスポーツカーなど以外は700Aあれば十分です。

最後はmAh(バッテリー容量)ですが、特に決まりはなく大きければ充電できる回数も増えます

ホームセンターやカー用品店では5,000円〜13,000円程度で購入できるでしょう。

対処法③ロードサービスを利用する

正直、一番簡単で安全な方法がプロに頼むことです。

ロードサービスではJAFが有名で、24時間365日対応可能です。

また、JAFの救援要請の内容の3割以上はバッテリー上がりなので迅速に対応もしてくれます。

JAF会員様だと、バッテリー上がり、パンク、キー閉じこみ、燃料切れ、事故や故障でのけん引・搬送作業など、さまざまなロードサービスを無料で受けられます。

JAF会員様ではない場合、バッテリー上がりの料金が¥13,100-です。

また、そのほかのサービスでも¥10,000-~¥17,000-の料金がかかりますので、車に乗る人は会員になっておくべきです。

症状と価格表 会員 非会員
バッテリー上がり (昼間、一般道での応急始動作業) 無料 13,100
パンク (一般道でのスペアタイヤとの交換作業) 無料(1本無料) 13,330
キー閉じ込め (夜間、一般道でのドア開放作業) 無料 15,230
燃料切れ (昼間、高速道での燃料切れ給油作業(PA、SA以外)) 無料 16,770
故障車けん引 (昼間、一般道での故障車けん引) 無料(15kmまで) 13,130

※燃料切れ⇒サービスカー通行料・燃料代別途

※故障車けん引⇒けん引料730円(1km毎)別途

JAFの会員費

入会金 年会費
通常入会 2,000円 4,000円
クレジットカード入会 1,500円 4,000円

年会費は1か月に換算すると約333円で、初年度(通常会員)だとしても1か月500円の計算になります。

年に1回でもトラブルに見舞われてしまうと考えても保険として加入しておくべきでしょう

ロードサービスの会社でもう一つのお勧めが、カーバッテリー110番です。

バッテリーの専門業者でバッテリーのことなら何でも相談でき、出張料無料で、最短5分で全国どこでも365日24時間対応なのですごく便利です。

バッテリー上がりであれば、8,800円~と安価な設定になっており、JAF会員でなければバッテリー110番のほうが安くなっています。

バッテリーが上がる4つの原因

対処法はわかりましたが、バッテリー上がりはどうして起きるのでしょうか。

今後同じようなことが起きないように、具体的な原因を見ていきましょう。

原因①ライト類の消し忘れ

停車中や降車後にライトをつけっぱなしや半ドアにしたままだと、電気は放電状態になったままなのでバッテリーが上がりやすくなります。

走っている時は、発電機が動いて充電されるので問題ありませんが、エンジンがオフの時は注意が必要です。

最近の車は消し忘れがあると知らせてくれる機能もあるので活用しましょう。

原因②車を乗らず長期間放置

長期間運転をしなかった場合、バッテリーが上がりやすくなります。

なぜなら、停車中でも車の機能を維持するために電気を利用するので消費してしまうからです。

車を久しぶりに運転しようとすると動かないということはよくあることで、バッテリーの劣化が激しい車だと早ければ1か月でバッテリーが上がることもあります。

なので、できたら週1回30分以上、最低でも月1回30分以上は車に乗りましょう。

原因③温度の低下によるバッテリー性能の低下

バッテリーの中はバッテリー液で満たされています。

バッテリー液の性質上、温度が下がると性能が落ちるので冬はバッテリーが上がりやすいです。

新品のバッテリーでも氷点下の温度になると性能は落ちます。

エンジン始動までの時間も通常時よりかかるので時間に余裕をもって家を出ましょう。

原因④バッテリーの劣化

バッテリーの寿命は2~3年といわれています。

もちろん利用頻度が多いほど劣化や機能が落ちやすくなるので、定期的なメンテナンスをしましょう。

バッテリーの寿命のサイン

  • パワーウインドウを開閉するスピードが遅くなった
  • エンジンのかかり具合が悪い
  • ヘッドライトが暗い
  • セルモーターの回転が弱くなった
  • バッテリーの本体が膨らんでいる

このようなことが起き始めるとバッテリーが弱まっている可能性があるので、交換しておきましょう。

バッテリーの交換は定期的に行う

バッテリー上がりの原因の1つでお伝えしたように、バッテリーの寿命は2~3年なので定期的に交換しておきましょう。

バッテリーが上がってから交換すると、時間もお金も無駄にかかってしまいます。

バッテリーの寿命やバッテリー上がりの前兆として以下のような症状があります。

  • パワーウインドウを開閉するスピードが遅くなった
  • エンジンのかかり具合が悪い
  • ヘッドライトが暗い
  • セルモーターの回転が弱くなった
  • バッテリーの本体が膨らんでいる

このような症状が現れると、バッテリーが上がってしまう前に早めに交換しておきましょう。

ガソリンスタンドで交換してもらう場合

ガソリンスタンドで交換してもらう場合は、カー用品店よりもっと店舗が多く行きやすく、電圧の測定は無料でやってくれるので給油のついでに交換をしてくれます。

また、料金設定は店舗によって様々ですが、安い設定になっています。

しかし、バッテリーの品揃えが少ないところが多いのと、スタッフの技術や知識も店舗によっては全然違うので注意が必要です。

ディーラーで交換してもらう場合

ディーラーで交換してもらう場合は、専門の技術と知識を持ったスタッフが作業してくれて、その車の純正品のバッテリーがあるので品質やサービスは間違いないでしょう。また、他に気になるところも同時にみてくれます。

一方で価格に関してはその分、高価にになります。交換費用はバッテリー代金など全て込みで、8~9万円ほどです。

バッテリーの持ち込みができないところが多いので、バッテリーを自分で持ち込みたい人はあらかじめ確認しておきましょう。

カー用品店で交換してもらう場合

カー用品店で交換してもらう場合は、ディーラーでしてもらうよりは工賃が安いところが多いです。

診断だけであれば無料でしてもらえるところもあるので良心的です。また、全国展開しているカー用品店は店舗が多く近くにある場合が多いので、気軽に相談しやすいでしょう。

ただ、会員と非会員の方で料金に差をつけていることが多いので、しっかり確認しましょう。

自分で交換する場合

自分で交換する場合は、工賃などがかからないのでバッテリー本体の費用だけで交換できます。

費用は10,000~80,000円と幅広い価格帯です。

バッテリー購入時の選び方・注意点

バッテリーには数字とアルファベットの表記があります。例)「75D23R」

  • 初めの数字(75)を見る→容量や性能を表していて数字が高いほど良い
  • 真ん中の数字(23)とアルファベット(D.R)を見る→サイズを表しているので今と同じ表記のものを選ぶ

つまり、最初の数字は性能を表しますので性能を上げたい場合はこの数字を高めに変更しましょう。

逆にアルファベットと数字はサイズなので変更できないので同じものを選びましょう。

交換手順

  1. トラック側のマイナス端子を外す
  2. トラック側のプラス端子をは外す
  3. バッテリー同士をつないでいるマイナス端子の配線を外す
  4. バッテリー同士をつないでいるプラス端子を外す
  5. 最後に取りはずした短い配線をプラス端子に接続する
  6. 反対側の配線もマイナス端子に接続する
  7. 残っているプラス端子をトラックのプラスの配線に接続する
  8. 残っているプラス端子をトラックのマイナスの配線に接続する
  9. しっかり固定されてつながれているか確認する

車の構造を良く知らない方や技術に自信がない方は、無理をしないでプロの方にお任せしましょう。

まとめ

車のバッテリーが上がった時はガソリンスタンドでも対応はしてくれます。

しかし、出張対応はほとんどしていないので、ガソリンスタンドまでもっていかないといけないです。

さらに、急速充電の対応になるのでバッテリー自体の寿命も短くなります。

なので、基本的に上記のように自分で対処するか、もしくは不安な方はロードサービスを呼んで適切な方法で解決してもらいましょう。

トラブルがいつ起きるかわからないので、いつバッテリーがあってもすぐ対処できるように準備して楽しく運転しましょう。