バッテリー上がりは自然に回復しない。正しい対処法伝えます

Name
「急に車のバッテリーが上がって動かなくなってしまった・・・」「自然に回復するまで待とうかな・・・」

結論から言うと、ほとんどの場合、自然回復することはありません。ただし、しっかりと正しい方法で処置をすると、自分の力でも直すことは可能です。

実際、私自身は今からお伝えする方法でバッテリー上がりを自分で回復しました。もちろん、自分で不安な方は他の方法もご用意しています。

なので、この記事を最後まで見ていただければ、自然回復を待つことなく適切な対処法やなぜバッテリーがあってしまったかの原因、予防法までお伝えしますので、参考にしてください。では、解説していきます。

\最短5分!出張費0円!
カーバッテリー110
カーバッテリー110

バッテリー上がりで自然回復はしない

バッテリー上がりはもしかしたら勝手に回復すると期待する方もいますが、残念ですが、ほとんど自然回復はしません。

バッテリー上がりが自然回復しない理由

バッテリー上がりとは、バッテリーの充電がなくなり車が動かない状態です。なので、充電をしないといけません。しかし、携帯みたいに充電がなくなったので、いつでも充電器で充電できるわけではありません。

では、普段どのように充電しているかというと、車についてあるオルタネーターという発電機で行っています。ただしこの発電機は車の走行中にしか起動しないので、バッテリーが上がって動かない状態では充電ができないのです。

つまり、充電ができないままだと勝手に充電がたまるわけもないので、なにもせずに待っていたとしても意味がないということです。

バッテリー上がりを放置すると悪影響が!?

バッテリーが上がり「少し時間がたてば直るかもしれないから・・・」「今は時間がないから時間があるときに・・・」と放置してしまう人もいます。しかし、実はバッテリーが上がった場合、なるべく早く対処しないといけません。

なぜなら、放置するとバッテリーがさらに劣化して悪影響が多いからです。エンジンを切っているときも車の設定を維持すために、少しですが電気の供給は行われています。その電気すらも供給できないとなれば、カーナビや時計などその他の車の設定が狂ったり、最悪の場合カギも効かなくなり車内に入れなくなる可能性もあるからです。

ただし、例外もあります

  1. ライトなどの電装品が正常につき、エンジンをかける直前までずっとつけっぱなしだった場合は、数時間おいて負荷をかけないでおくと自然に回復する可能性があります。
  2. 冬の寒い日(特に朝など冷える時間帯)にエンジンをかけてもかからない場合は少し時間をおいて日中などにもう一度やってみるとかかる場合があります。

ただし、↑のような状態でも、どうしても時間がないなどの理由がない場合は期待せずにすぐに対処したほうがいいです。むしろ悪い状態になる場合がありますので。そして、可能性は低いですが仮に自然に回復したとしてもバッテリーの状態は悪いので早めにディーラーや修理業者などにみてもらいましょう。

では、どのように対処できるか紹介していきます。

バッテリーを回復させる3つの方法

実際にバッテリーが上がってしまった場合の対処法を3つお伝えしていきます。

➀救援車を呼び、助けてもらう方法

救援車(周りのエンジン車)に協力してもらい、外部から電力を分けてもらう方法です。分けてもらうことさえできれば、あとは自分で運転しながら充電ができます。この方法は救援車と故障車をブースターケーブルという赤色と黒色の専用のコードで繋いで電力を分けてもらう方法です。

では、どのような方法で解決するか説明します。

用意するもの

  • エンジン車(同じ電圧の車でないといけないので普通車の場合は12Vの普通車)
  • ブースターケーブル(赤と黒色のコード)→カー用品店やECサイトでも売っております。

ブースターケーブルのつなぎ方

  1. あらかじめ車のライトなどは切り、ボンネットを開ける
  2. 赤色のコードを故障車のプラス端子に繋ぐ
  3. 赤色のコードを救援車のプラス端子に繋ぐ
  4. 黒色のコードを救援車のマイナス端子に繋ぐ
  5. 黒色のコードを故障車のマイナス端子に繋ぐ
  6. 救援車のエンジンをかけて、アクセルを1.2.分踏む
  7. 故障車のエンジンをかけ、かかればOK
  8. コードを外すときは繋げたときと逆の順序で外す
  9. 充電のために30分から1時間走行する

➁ジャンプスターターで1人で解決する方法

ジャンプスターターはスマホのモバイルバッテリーのようなものです。この機械があれば、他の力を借りずに電力を供給できるので救援車を呼ばなくても自力で回復できます。使い方の手順を解説します。

用意するもの

  • ジャンプスターター

ジャンプスターターのつなぎ方

  1. あらかじめ車のライトなどは切り、ボンネットを開ける
  2. 赤色のコードを故障車のプラス端子に繋ぐ
  3. 黒色のコードを故障車のマイナス端子に繋ぐ
  4. 付属のケーブルをジャンプスターター本体に繋ぐ
  5. ジャンプスターター本体の電源を入れて1.2分待つ(種類によっては合図がある)
  6. 故障車のエンジンをかけてかかればOK
  7. コードを外すときはつないだ時と逆の順序で外す
  8. 充電するために30分~1時間ほど運転する

救援車を呼ぶ方法とジャンプスターターを使うやり方は自分たち(素人)でもできるやり方ではありますが、少しでもやり方を間違えてしまうと感電などの危険も伴うので気を付けてください。もし、不安な方は次の方法を試してください。

➂ロードサービスなどプロに頼む方法

今まで紹介してきた2つの方法は前もって準備するものが必要です。ただ、バッテリー上がりは急に起きてしまうものなので、道具が車に積んでいない方も多いと思います。そんな時は電話、もしくはアプリでもプロに依頼できるのでロードサービスを頼りましょう。条件などによれば無料で解決してくれたりすることもあります。

例えば、JAFという会社の会員様であればバッテリーが上がってしまった場合、無料で作業を行ってくれます。(時間や場所によって変わります)他にもいろいろなトラブルがあった際に会員様であれば、かなりお得になります。なので、車を乗られている方は会員になっておくべきです。

他にも、カーバッテリー110番であれば出張料無料で24時間対応です。他社と比較すると安いのでJAFの会員でなければ、こちらに連絡してもいいでしょう。

バッテリー上がりになる原因と予防法

もちろん、バッテリーが上がるのには理由と対策があるので解説していきます。

1. バッテリーの劣化

バッテリーは寿命がある程度決まっています。車の場合、車種や年式にもよりますが2~4年くらいです。3年くらいでは変えといたほうが無難です。

2. 車の使用頻度が少ない

車は走行していない場合でも、電気は少しづつですが放電しています。長い間放置してしまうと、電力がなくなってバッテリーが上がり動かなくなります。車の仕組みは運転中に充電するようになっていますので、週一回は運転したほうがいいです。

3. ライトをつけっぱなしにしない

車のライトをつけっぱなしで数時間~1日など忘れているとバッテリーは上がってしまうと考えたほうがいいでしょう。降りるときなどは消えているか確認をしっかりしましょう。

4. 停車中のエアコンや音楽の使用を控える

何度も言いますが、車は走行中にバッテリーを充電するので停車中にバッテリーに負荷をかけると電力は減る一方なのでよくないとわかるでしょう。

しかし、数分から1時間など仕方ない場面もあるので、バッテリーを気にしすぎて体調を崩してしまうくらいであれば個人的にはいいと思います。

5. 気温が低い(冬場など)

気温が低い冬場はバッテリーの機能が本来の状態より劣るのでバッテリーが上がりやすくなります。そのため、家を出るときなどは少し早めに準備をして車が動くか確認をしておきましょう。日ごろから乗っている方であれば、おそらく大丈夫でしょうが。そして何より大事なのが、日々のメンテナンスなので定期的にディーラーなどに点検を依頼しておくことが大事です。

まとめ

今回はバッテリーが上がってしまった時に自然に回復するのかについて書きました。

結論は勝手には回復しないです(一部例外はありますが)。なのでバッテリーが上がってしまった時はすぐに対処しましょう。

対処法は

  1. 救援車に力を借りる、
  2. ジャンプスターターで自力で回復する
  3. プロに頼む

の3つの方法があります。自分に合った方法、すぐに実践できる方法を実践しましょう。そして、2度とバッテリーが上がってしまわぬように予防をしっかりしてこれからも楽しいカーライフを楽しみましょう。