【失敗?】アバルト595はダサいのか?買って後悔する人の特徴5選

  • 「アバルト595を買って失敗した」
  • 「アバルト595は買わないほうがよかった」

このように後悔しないためには、購入前にアバルト595の情報をしっかり調べることが大事です。

アバルト595は、イタリアの車メーカーのフィアットグループのチューニングメーカーであり、日本でも長い間愛されていてモーター好きには知らない方はいないでしょう。

さて、そんなアバルト595を買って後悔する人の特徴や逆に買うのにおすすめな人の特徴を解説していきます。

アバルト595は買うと後悔する?購入後の失敗事例5つ

アバルト595を購入して後悔するポイントを5つ紹介していきます。

小回りが利かない

アバルト595は、小さくてかわいい見た目からは想像できないくらい小回りが利かないです。

小回りのことを表すのに最小回転半径があります。アバルト595の最小回転半径は5.4で、これはかなり値が大きい(=小回り効かない)です。

例えば、最小回転半径が5.4の車は、他にステップワゴンやプリウスPHVがあります。しかし、アバルト595はこの2台と全長が1,000mmも違います。アバルト595とサイズ感の似ている車はトヨタのパッソがありますが、パッソの最小回転半径は4.6でございます。

つまり、サイズが小さいから運転しやすいと思って乗ってしまうと後で後悔してしまうかもしれません。

整備士くん
狭い道やUターン、駐車時に想像より小回りが利かないので注意しましょう。

アイポイントが高い

アバルト595は、スポーツカーに比べてアイポイント(視点)が高いです。そのため、スポーツカー独特の低い視点での運転はできないと思っていたほうがいいでしょう。

着座の高さも変更することもできないため視点を変えることができません。できる方法とすれば、「ローポジションアダプター」というアダプタを購入してもらって、ご自身で装着してもらうと少しだけ下げることはできます。

ただ、そもそもアイポイントが低い車に乗りたい場合は他の車も検討してもらったほうがいいでしょう。

整備士くん
アダプタを自分でつけるのも面倒ですもんね。

車内が狭い

車内が狭いというのは、見た感じのサイズ感で分かると思います。やはり全体的に広くはなく後部座席に関しては長時間のドライブには適していません。膝が前席にあたったりして、足を広げていないとかなり狭いです。

それ以外にも、足元が狭いという意見が複数あります。日本ではほとんど右用ハンドルが流通・発売されていて、右用ハンドル(特にMT)だとペダルの感覚が狭くなり足元が狭くなる特徴があるので、狭いことによりアクセルとブレーキを間違えて踏んでしまうこともあるそうです。

整備士くん
普段は複数ではなく1人か2人でドライブをして、運転にかなり慣れている方でないと難しいかもしれません。

近くにディーラーがない方が購入する

アバルト595を買う場合、近くにディーラーがある、もしくはディーラーの場所を把握しておきましょう。

理由は、警告灯が点灯した時に自分で消せない場合があるからです。例えば、「エンジンチェック」や「ディーラーで整備してください」といった警告です。これはディーラーに行かないと消せない警告灯なので、出てからディーラーを探すとなると焦ってしまうでしょう。

また、ディーラーが近くにない場合は近所で警告灯が点灯した場合、わざわざディーラーまで行かないといけないので、できれば近所にディーラーがあるほうがいいでしょう。

整備士くん
「ディーラーで整備してください」という警告は15,000kmごとに出るはずです。

安全技術、先進機能がついてない

アバルト595には、アクティブセーフティーという安全性能がほとんど装備されていません。アクティブセーフティーは事故を未然に防ぐための技術です。

今、先進安全機能がついている車に乗っている方は、少し物足りない部分があるかもしれません。

しかし、パッシブセーフティー機能に関してはきちんと装備しています。パッシブセーフティーとは、事故が起きてしまった場合に乗員の安全を確保するための機能です。

整備士くん
ただアバルト595に乗ろうという方は、そこまでの機能を求めてる方も少ないかもしれませんね。

アバルト595に不満?実際に買った人の悪い口コミ・レビュー

アバルト595を購入した方の実際の悪い口コミ・レビューを3つ紹介します。

積載量が少ない

『サイズよし・操ってよし・眺めてよし。』 アバルト 595 (ハッチバック) 小悪魔595さんのレビュー (yahoo.co.jp)

後部座席は、女性でも狭さを感じてしまうのではないでしょうか。
積載性も低いので、家族と買い物へ行くたびに
「ほんと、買い物車に向いてないわよね〜💦」
と、言われます(笑)

小回りの良さは期待できない

『蠍毒注入!』 アバルト 595 (ハッチバック) きっちーももじさんのレビュー (yahoo.co.jp)

日本車の常識でコンパクトカーの小回りを求めるとビックリする程回れません。

乗り心地は硬め

『楽しい』 アバルト 595 (ハッチバック) Kiske46さんのレビュー (yahoo.co.jp)

サスが硬すぎかな。もう少し路面を舐める様に走ってくれれば最高
ガチガチかなぁ

アバルト595に満足?実際に買った人の良い口コミ・レビュー

一方でアバルト595を購入した方の実際の良い口コミ・レビューもありますので、3つ紹介します。

運転する楽しさがある

『運転することが楽しみになる車です。』 アバルト 595 (ハッチバック) ABARTH@ねこふりーくさんのレビュー (yahoo.co.jp)

おもに休日のドライブに使用していますが、走行性能や運転する楽しさは今まで所有してきた車の中で一番です。

見た目やデザインが可愛い

『運転することの楽しさなら😊』 アバルト 595 (ハッチバック) khoutengさんのレビュー (yahoo.co.jp)

デザイン性に尽きますね😆

軽量ボディとパワフルなエンジン

『可愛さの中の獰猛さ』 アバルト 595 (ハッチバック) 遅兎@こんぺちBRZさんのレビュー (yahoo.co.jp)

軽量ボディ+パワフルなエンジンという車にとって楽しくなる要素しかない。
純粋に走らせることを心の底から楽しいと思える車。

アバルト595を買う人はどんな人?どんな人におすすめ?

ここまでアバルト595を購入して後悔した事例やや悪いイメージを共有してきましたが、逆にアバルト595を購入するのにお勧めできる方とはいったいどんな方なのでしょう。特徴とともに3つ紹介していきます。

ドライブ・運転自体を楽しみたい方

加速に関してはかなり良くて、スポーツモードに関しては加速がかなり早くて車の前側が浮くような感覚にもなります。

MTベースの車なので加速音も大きく、ギアが変わったことも肌で感じれますので運転好きには堪らないです。

ユーザーさんの口コミでも「運転を楽しめる」という声がたくさんあります。いくつか紹介します。

  • アバルト595を所有できる楽しさや、何事にも代えがたいのはアバルト595をドライブしている楽しさは最高です!
  • 楽しく乗れるMT車がどんどん減っていってしまう中、とても楽しめる車です。 ワインディングを走るのには手ごろなサイズで楽しさ満点、且つ、高速道路での安定性もバッチリです。
  • 最高に楽しいマシン

利便性はないかもしれないが、単純にドライブを楽しみたい方にはお勧めです。

コンパクトスポーツカーに乗りたい方

アバルト595に乗った方の中で「ゴーカートみたいな感じ」という方もいます。これはこのコンパクトなサイズ感とゴーカートを運転しているかのようなダイレクトなハンドリングの良さが理由です。

コンパクトな可愛いデザインと、その見た目からは想像できないようなかっこいい走行性能の両方を併せ持っているので、男性はもちろん女性からの人気も意外と高いです。女性は輸入車の助手席に乗ることも好きなのでそのような側面もあります。

コンパクトなサイズ感が好きでスポーツカーのような走りを求めている方にはお勧めです。

過激な走りと排気音で運転したい方

外からの音が入ってくるのと排気音が大きいので静粛性については低いですが、その雰囲気を楽しめる方にはとても向いています。

アバルト595の標準性能でバブリング音がしっかり出ているのが印象的です。バブリング音とはアクセルを緩めたときなどに、「ブロロロン、パンパン」と排気音が弾けるように鳴る現象で、スポーツマフラーの醍醐味のひとつです。

ただし、常にバブリング音が鳴っていてうるさいわけではなく、窓を閉めている状態だとそこまでうるさくなく、会話がしずらかったりすることはありません。

ストレートに響くエンジンの快音とバブリング音を楽しみたい方にはお勧めです。

アバルト595に似たような車種

アバルト595に似ている車が2台あるので、それぞれの特徴や違いなどを紹介していきます。

フィアット500

車名 価格 サイズ 燃費
フィアット500 236万円~
全長 3,570-3,610 mm x 全幅 1,625 mm x 全高 1,515 mm
15,01km/L(ハッチバック)(フィアット)の燃費 – みんカラ (carview.co.jp)から引用
アバルト595 320万円~ 全長 3,660 mm x 全幅 1,625 mm x 全高 1,505 mm 11,92km/L(ハッチバック)(アバルト)の燃費 – みんカラ (carview.co.jp)から引用

アバルト595はフィアット500をベースに作られたハイパーモデルの車です。

そのため価格はグレードアップしたアバルト595のほうが高くなっています。

サイズ感はほとんど変わず、アバルト595のほうが全長が若干長いくらいです。ただし、最小回転半径はアバルト595が5.4に対して、フィアット500が4.7なのでフィアット500のほうが小回りが利き、狭い道などもスイスイ運転できます。

燃費はフィアット500のほうがいい数字になっている。アバルト595のほうがスポーティーモデルになっているので仕方ない部分ではあるでしょう。

フィアット500は、「ルパン三世に出てくる車」や「GUCCIとコラボ」など常に話題を呼ぶ存在で、アバルト595はそのフィアット500をよりスポーティーでワイルドにしたタイプと思っていたらいいでしょう。

スイフトスポーツ

車名 価格 サイズ 燃費
スイフトスポーツ 201万円~ 全長 3,845-3,855 mm x 全幅 1,695 mm x 全高 1,500-1,525 mm 13.06km/Lスイフトスポーツ(スズキ)の燃費 – みんカラ (carview.co.jp)から引用
アバルト595 320万円~ 全長 3,660 mm x 全幅 1,625 mm x 全高 1,505 mm 11,92km/L(ハッチバック)(アバルト)の燃費 – みんカラ (carview.co.jp)から引用

アバルト595のライバルは国産車でいうとスイフトスポーツにあたります。

価格はスイフトスポーツのほうが安いです。やはり国産車なので、外車より安くなっています。200万円台でこの性能の車はコスパは最高です。

サイズ感はスイフトスポーツのほうが大きいということがわかります。ドアの数がアバルト595が2つに対して、スイフトスポーツは4つあるというのも要因の1つです。車の安定性はサイズだけでいうとスイフトスポーツのほうが有利でしょう。

燃費に関してはそこまで大きな差はありません。最近の燃費がいい車に比べるといいとは言えないですが、スポーツティーな車にしては悪くない燃費になっているでしょう。

この2台とも同じような性能ですが、先進安全性能に関してはスイフトスポーツに軍配が上がるので、運転するのに安全性能を求める方はスイフトスポーツのほうが向いています。

刺激的な走行や運転ができる車を求めるならアバルト595が向いています。