【失敗?】ポルシェはダサいのか?買って後悔する人の特徴4選

  • 「ポルシェを買って失敗した」
  • 「ポルシェは買わないほうがよかった」

このように後悔しないためには、購入前にポルシェの情報をしっかり調べることが大事です。

ポルシェはドイツの高級自動車メーカーで、レーシングカーやスポーツカーをメインに取り扱っています。また、最近人気の高いSUV車も取り扱い始め、高級SUVという新たな路線を開拓し、ポルシェの人気をさらに上げました。

さて、そんなポルシェを買って後悔する人の特徴や逆に買うのにおすすめな人の特徴を解説していきます。

ポルシェは買うと後悔する?購入後の失敗事例4つ

ポルシェを購入して後悔するポイントを4つ紹介していきます。

気を遣いすぎて乗らない

ポルシェは言わずと知れた高級車です。そのため、ドライブでは使いたいという方も多いものの、日ごろの運転や買い物などには乗りにくいというユーザーさんもいます。

大事に使いたいあまりに、気を遣って普段はセカンドカーに乗って結局ほとんど乗らなくなる可能性もあるのです。また、スポーツカータイプを買って、後部座席が狭くて、家族全員で乗れないということもあります。

そのため事前にポルシェを購入したら、どれくらいの頻度で乗るか、だれと出かけることが多いのかなど生活スタイルを考えて購入することをお勧めします。

整備士くん
車を購入することが目的にならないようにしましょう。

燃費が悪い

スポーツカーは基本的に燃費が悪く、特にポルシェは数種類の車がありますが燃費がいい車はありません。

また、SUV車に関してはスポーツカーより燃費は良いものの、他社のSUV車に比べると決していいとは言えないです。

燃費はガソリン代に直結しますので、毎月どれくらいかかりそうかを考えてから購入するようにしましょう。

整備士くん
最近は燃費も向上してきてはいますが、燃費を気にしながら車を運転する方には向いていません。

メンテナンス費、場所を確認せず購入する

ポルシェを購入して維持していくとなると、必ずオイル交換などのメンテナンスや修理をする場所が必要です。

しかし、ポルシェなどの外車は場所によってメンテナンスや修理ができないところもあります。実際に近所にメンテナンスや修理できる場所があるか確認せずに購入してしまう方も多いです。そうなると、近くにメンテナンスできる場所がなく、遠くに行かなければいけません。

特に田舎だとディーラーまでの距離が離れていることも多いので、購入前に近くの整備所や修理屋さんなどにメンテナンスや修理ができるのか確認しておきましょう。

整備士くん
メンテナンス場所の確認→ポルシェ購入の順番にしましょう

事故リスクが上がる

ポルシェのスポーツカータイプの911シリーズに乗るとついスピードを出してしまう方が多いです。

特に慣れてくると、飛ばさないと言ってる方でも飛ばしてしまいます。

スピードが出ているほうが事故を起こしてしまうリスクが上がるので、気を付けないといけないです。

整備士くん
運転に慣れている人でもルールを守って走行しましょう。

ポルシェに不満?実際に買った人の悪い口コミ・レビュー

ポルシェを購入した方の実際の悪い口コミ・レビューを3つ紹介します。

燃費は気にすると負け

『SUVだけどスポーツカー』 ポルシェ マカン Wein.Weinさんのレビュー (yahoo.co.jp)

燃費を意識して乗る車ではないので気にしてません(良くは無いです)

スポーツカータイプは積載量は少ない

『思いのほか扱いやすい?怒った500馬力は凄いw』 ポルシェ 911 Kojikenさんのレビュー (yahoo.co.jp)

ゴルフバッグは助手席しか積めません😩
リアシート部分はロールゲージの隙間にハンドバックを数個置けるくらい。買い物した紙袋を置くのにどう入れるか一瞬考えたり、傘を置く場所考えてしまったりw

ポルシェ独特のブレーキ音

『速さとカッコ良さを兼ね備えた718ケイマンの最高峰』 ポルシェ 718 ケイマン love Porsche ?さんのレビュー (yahoo.co.jp)

ポルシェの宿命と言われるブレーキ鳴き、一度はディーラーでパット研磨を点検時にしてもらいましたが治りませんでした。キーキーうるさいです。^_^

ポルシェに満足?実際に買った人の良い口コミ・レビュー

一方でポルシェを購入した方の実際の良い口コミ・レビューもありますので、3つ紹介します。

リセールバリューが高い

『運転するのが楽しいクルマです。』 ポルシェ 911 ame********0さんのレビュー (yahoo.co.jp)

買う時も高いかもしれませんがリセールも良いです。

基本走行性能が高く、バランスのいい車

『SUVでもしっかりポルシェ』 ポルシェ カイエン yusuke400さんのレビュー (yahoo.co.jp)

車としての基本性能の良さ(エンジン、ブレーキ、ハンドリング、剛性や直進性、ティプトロニックの反応など)どれも高次元でバランスが取れているので本当に乗っていて楽しいです。

とにかく走りのバランスが良い。2tを超える車重を感じさせないしっかりとした走り。

人馬一体感が楽しめる車

『まるでコンパクトカーのような人馬一体感』 ポルシェ 911 たつや0303さんのレビュー (yahoo.co.jp)

コンパクトカーのような人馬一体感、エンジンのダイレクトフィール、RR独特のお尻押される感、全てが最高に楽しいです。

ポルシェを買う人はどんな人?どんな人におすすめ?

ここまでポルシェを購入して後悔した事例やや悪いイメージを共有してきましたが、逆にポルシェを購入するのにお勧めできる方とはいったいどんな方なのでしょう。特徴とともに3つ紹介していきます。

とにかく走りを楽しみたい方

ポルシェは世界最高峰の車メーカーです。様々なレースで記録や伝説を作ってきたメーカーで、高級感よりも走りに力を入れているので、その走行性能はかなり満足できるでしょう。

ポルシェユーザーさんからの口コミや意見を見ても、加速、ブレーキ、コーナリング、ハンドリングなど動的性能で不満の声がほとんどなく、満足の意見ばかりでした。

これは、ポルシェのスポーツカーだけでなく、SUV車のカイエンやマカンなどでも同じことが言えます。むしろ、今はSUV車のほうが人気があるかもしれません。

金銭的に余裕のある方

ポルシェは購入時だけでなく、購入後の維持費にも多くのお金がかかります。

車体価格は

911シリーズで¥15,000,000-~(新車)

カイエンで¥11,000,000-~(新車)

マカンで¥7,900,000-~(新車)

となっています。

そして、維持費がどれくらいかかるのかを年間で算出すると、50万円前後はかかる計算になります。(税金、ガソリン代、メンテナンス費、駐車場代など)

その他に故障した場合は修理費などもかかりますので、車にある程度お金を使える方が購入することをお勧めします。

どうしてもポルシェに乗りたいがお金は節約したい方は、中古車を安くで購入するのもお勧めです。また、消耗品やパーツも中古品やネットで安いものを見つけて使用すると費用を安くで抑えれます。

資産として車を持ちたい方

ポルシェは、リセールバリューが高いことで有名です。

リセールバリューとは、一度購入した車を売却する時にどれくらいの価格で買取されるかの指標です。特に人気の車や流通数が少ない車は、リセールバリューが高い傾向にあります。

通常、3年間で30,000km走っている車のリセールバリューは40~50%と半分くらいです。しかし、ポルシェは50~70%と驚異の高水準となっています。これは、ポルシェは年代問わず、最新で最良の車造りを徹底していることや、ポルシェが昔からの人気と信頼を維持し続けていることが原因でしょう。

そして、これは新車だけでなく中古車(状態にもよります)でも同じことが言えます。買取業者は、人気があり、ニーズがある車は高く買い取ってくれます。

車を買うのであれば、売却時のことも考えたい方にはお勧めです。

ポルシェに似たような車種

ポルシェに似ている車が2台あるので、それぞれの特徴や違いなどを紹介していきます。

ボルボ XC60(比較 ポルシェカイエン)

車名 価格 サイズ 燃費
ボルボXC60 669万円~ 全長 4,710 mm x 全幅 1,900-1,915 mm x 全高 1,660 mm 8.4km/L(XC60(ボルボ)の燃費 – みんカラ (carview.co.jp)から引用
ポルシェカイエン 1,110万円~ 全長 4,918-4,942 mm x 全幅 1,983-1,995 mm x 全高 1,636-1,696 mm 6.48km/L(カイエン(ポルシェ)の燃費 – みんカラ (carview.co.jp)から引用

価格は、ボルボXC60のほうが安いです。価格ではボルボの圧勝となっています。

サイズ感は、ポルシェのほうが全長が長く、幅や高さはほとんど変わらない結果となっております。両車ともに大きいサイズとなっているので狭い道や駐車場での運転には注意が必要です。

燃費に関しては、若干ではありますがボルボXC60のほうが良い結果になりました。

ボルボに関しては、安全性能にかなり力を入れているメーカーで独自技術が世界から高評価を受けています。馬力やエンジン性能もポルシェに負けず劣らずなので、ポルシェにこだわりがなく高性能な外車SUVに乗りたい方にはお勧めです。

一方、ポルシェは他車に比べると高価で燃費もよくないですが、それでもポルシェには人を魅了するカリスマ感があります。どうせなら妥協せず、世界最高峰SUVに乗りたい方にはポルシェ一択でしょう。

BMW X5(比較 ポルシェカイエン)

車名 価格 サイズ 燃費
BMW X5 1,030万円~ 全長 4,910-4,955 mm x 全幅 1,985-2,015 mm x 全高 1,760-1,770 mm 6.65km/Lカイエン(ポルシェ)の燃費 – みんカラ (carview.co.jp)から引用
ポルシェカイエン 1,110万円~ 全長 4,918-4,942 mm x 全幅 1,983-1,995 mm x 全高 1,636-1,696 mm 6.48km/L(カイエン(ポルシェ)の燃費 – みんカラ (carview.co.jp)から引用

全体的にBMW X5とポルシェカイエンに関しては、大差がないです。

価格が80万円ポルシェのほうが高く、サイズ感は高さがBMW X5のほうが100mmほど高いです。燃費はほとんど変わりません。

違いあるとすると、座席がカイエンの場合は2シートの5人乗りに対して、X5は3シートの7人乗りタイプがあることです。なので、もし大人数でのお出かけを考えているのであれば、X5のほうがいいです。

また、BMWのX5はSUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)ではなく、SAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)と位置付けてをしいます。これは、BMWは他車のSUVよりスポーティーよりの車であるという差別化である。

しかし、正直両車ともに性能やスペックは変わらない印象なので、自分が好きなブランドあるいは試乗してみて乗りたいと思ったほうを購入するのをお勧めします。