【ダサい?】アウディTTの評価は?買って後悔する人の特徴3選

  • 「アウディTTを買って失敗した」
  • 「アウディTTは買わないほうがよかった」

このように後悔しないためには、購入前にアウディTTの情報をしっかり調べることが大事です。

アウディTTは、幅広い年代の方に長い間人気のある車種で、高級感のあるデザインに加え、実用性とパワフルな走行性も魅力的な車です。

さて、そんなアウディTTを買って後悔する人の特徴や逆に買うのにおすすめな人の特徴を解説していきます。

アウディTTは買うと後悔する?購入後の失敗事例3つ

アウディTTを購入して後悔するポイントを3つ紹介していきます。

後部座席が狭い

アウディTTは、ドアが2つですが4人乗り仕様になっているので、後部座席にも人を乗せることができます。

しかし、後部座席に人を乗せるのには、あまりにも狭すぎます。実質2人乗りと考えて購入したほうがいいです。

さらに、後部座席はリクライニング機構がないので体勢を変えることができず、角度が直角に近いので少し前傾姿勢になっていしまいます。

整備士くん
後ろは荷物を載せる用として考えておきましょう。

故障しやすい,かつ修理費が高い

外車に乗る方だと想像がつくと思いますが、外車は国産車より故障してしまう確率は高くなります。

理由として多いのが、車が製造されている国の環境に適応するように製造されるためです。外車の場合、日本の気候や土地に合わせて作られているわけではないので、どうしても故障トラブル等は起きてしまうみたいです。

また、故障して修理をする場合も費用が日本車の1.5倍ほどかかります。修理ができる場所も限られてますし、部品の輸入コストもかかるためです。

なので、定期的なメンテナンスができ、故障などのトラブルも込みで楽しめる方であれば大丈夫でしょう。

整備士くん
維持費は多めに見積もっておきましょう。

乗り心地が硬くロードノイズも気になる

走行性に関しては満足するユーザーさんが多い中で、乗り心地に関して不満を持つ方も中にはいらっしゃいます。

なかでもロードノイズや振動が気になる方が多いです。スポーツカーの性質上、地面の凸凹を直接感じ取りやすいので多少は仕方ないですが、初めてスポーツカーに乗る人は気になる人もいるかもしれません。

そして、乗り心地はやや硬めという意見が多いです。そのため段差などがある場合は、衝撃が伝わりやすい状態になっています。ですが、曲がるときや車線変更時の横揺れが少ないので、安定感あります。

整備士くん
乗り心地に関しては、実際に試乗をして確認しましょう。

アウディTTに不満?実際に買った人の悪い口コミ・レビュー

アウディTTを購入した方の実際の悪い口コミ・レビューを3つ紹介します。

後席は大人には窮屈

一般のドライバーに聞いた!アウディ TT の口コミ(評価・評判)まとめ by 車選びドットコム (car-me.jp)

斜め後方の視界が悪い、後席はほとんどおまけで座ることができない

故障時の対応が不便

まーさんさんの口コミ・クチコミ・評価・評判(アウディ TT)|中古車なら【カーセンサーnet】 (carsensor.net)

随所に最近の車と比べて規格が合わず、パーツ代が高価もしくは、製品のバリエーションが少なくなるケースがあります。
例えば、純正ホイールサイズは18×7.5J 5H-100 +32 なのですが、現行車は5H-112となり、適合するホイールを探すのが困難になりつつあります。欧州車の宿命なのか、経年劣化で天井の内張が垂れてくることがあるようです。
また、内装の見えないところに使われているスポンジが劣化して、エアコンの吹き出し口から排出されることがあります。

左後ろの視界が悪い

ジェダイの騎士さんの口コミ・クチコミ・評価・評判(アウディ TT)|中古車なら【カーセンサーnet】 (carsensor.net)

左後ろの視界が悪い。

アウディTTに満足?実際に買った人の良い口コミ・レビュー

一方でアウディTTを購入した方の実際の良い口コミ・レビューもありますので、3つ紹介します。

荷室が広い

『コスパ最強』 アウディ TT クーペ tt4snowboadingさんのレビュー (yahoo.co.jp)

コンパクトな車体ながら積載量も多くゴルフ、スノーボードも十分積載可能。

スポーツカーとして十分な走り

『どこから見てもTTと分かる唯一無二のデザイン』 アウディ TT クーペ かずのり2007さんのレビュー (yahoo.co.jp)

普段使いでも充分使えるカッコ良いスポーツカーです。
車体が軽量のため、230馬力のエンジンで充分スポーツカーしています。

人目を惹くルックス

『人生で乗れるタイミングは限られるが楽しい車!』 アウディ TT クーペ miyan12345さんのレビュー (yahoo.co.jp)

人目を惹くルックス
→程よいスポーツ感とラグジュアリー感

アウディTTを買う人はどんな人?どんな人におすすめ?

ここまでアウディTTを購入して後悔した事例やや悪いイメージを共有してきましたが、逆にアウディTTを購入するのにお勧めできる方とはいったいどんな方なのでしょう。特徴とともに5つ紹介していきます。

燃費のいい車に乗りたい方

このタイプの車は燃費が悪い車が多く、燃費は1桁台がほとんどです。

しかし、アウディTTは燃費が10km/Lを切ることがほとんどないので、ガソリン代を抑えやすくなっています。

ユーザーさんの燃費に関しての意見をいくつか紹介します。

  • 燃費を気にするクルマではありませんが、それでも平均で10㎞/L前後です。
  • 踏めばしっかりパワーでるし、抑えればばカタログ数値以上の燃費性能。なかなかコレを両立出来る車も稀有ですね
  • 思ってたより燃費がいい。車重の問題?満タンで700kmは走れる。
整備士くん
みんなが憧れる車で燃費を抑えたい方にはお勧めです。

コンパクトなデザインが好きな方

コンパクトでスポーティーなデザインがアウディTTの特徴です。

街中で走っていると2度見してしまう人もいるくらい、かっこいいです。

整備士くん
住宅街や繁華街などの比較的狭い道路でも問題なく運転できるので、運転に慣れていない人にもお勧めです。

軽量で加速性能が優れている車に乗りたい方

走行性能はさすが’アウディ’という感じの満足感です。

アウディTTは、アルミ素材が多く含まれているので軽量化に成功しました。それにより優れた加速性能、ハンドリングの良さを実現できています。

世界的なレースにも用いられる車なので、その技術は間違いありません。

整備士くん
ドライブが好きな方は、加速の速さ、質にこだわる方が多いのでかなりお勧めです。

馬力がありパワーのある車に乗りたい方

アウディのダウンサイジングコンセプト技術により高出力のエンジンと低燃費を両立できています

ユーザーさんの馬力に関しての意見をいくつか紹介します。

  • ノーマル車で一番馬力のあるTTで充分満足できます
  • 小柄ですが、もつべき馬力は備えておりドライブ好きにはたまらない一台だと思います。
整備士くん
ドライブに力強さを求める人にはお勧めの1台です。

スポーツ感とラグジュアリー感を楽しみたい方

アウディTTと言えば、スポーツカーのなかでも高級感のあるデザインが人気の秘訣です。

やらしさも少なく、街中を運転していても注目されるのは間違いないでしょう。

インテリアにもかなりこだわりがあり、アウディの創設者は「いかなる時代においても第一級の素材を用いる」と提言しているので、どんなときにもユーザーさんには最高級な1台を提供しています。

さらに、トレンドを常に細部に取り入れているため、都会的で若者からも受け入れられるように仕上げています。

整備士くん
都会的なスポーツカーで高級感を味わいたい方にはお勧めです。

アウディTTに似たような車種

アウディTTに似ている車が2台あるので、それぞれの特徴や違いなどを紹介していきます。

日産のフェアレディZ

車名 価格 サイズ 燃費
日産のフェアレディZ 524万円~ 全長 4,380 mm x 全幅 1,845 mm x 全高 1,315 mm 8.5km/L
アウディTT 510万円~ 全長 4,190 mm x 全幅 1,830 mm x 全高 1,380 mm 12.7km/L

日産のフェアレディZとアウディTTは、価格がほとんど変わりません。国産車と外車で価格差がないのであれば、外車に乗りたいという方もいれば、国産車のほうがトラブル時に安心だという方もいるでしょう。

サイズ感に関しては、フェアレディZのほうが全長190mm、全幅15mm長く、高さが65mm低いです。似ている車なので大きな差はありませんが、試乗をしたり今乗っている車と比較して、自分の運転しやすいサイズ感を選びましょう。

燃費に関しては、アウディTTに軍配が上がりました口コミやレビューでもアウディTTの燃費性能に関しては高評価ばかりなので、スポーツカータイプで低燃費の車に乗りたい方はアウディのほうが向いています。

国産車でアウディのような車に乗りたい方は、フェアレディZがお勧めです。

ポルシェケイマン

車名 価格 サイズ 燃費
ポルシェケイマン 768万円~ 全長 4,379 mm x 全幅1,801mm x 全高 1,286mm 8.4km/L
アウディTT 510万円~ 全長 4,190 mm x 全幅 1,830 mm x 全高 1,380 mm 12.7km/L

価格に関しては、ポルシェケイマンのほうが250万円ほど高いです。経済的負担を減らしたい方はアウディを選ぶでしょう。

サイズ感に関しては、ポルシェケイマンのほうが189mm長く、幅が29mm、高さが94mm低くなっています。車高で車の広さが変わってくるので少し余裕が欲しい方はアウディのほうがいいでしょう。

燃費に関しては、アウディのほうがいい結果になりました。

走行性能やエンジンに関しても大きく変わらず、こだわりがない方にとっては両車ともカッコよく乗ることができます。

ここまでの比較では、アウディTTのほうを買いたいと思う方のほうが多いでしょう。経済的面でコスパを考えるならアウディTTのほうが向いてます。

ポルシェケイマンに関しては、アナログスポーツカーの完成形という印象が強いです人馬一体感があり、自分の細かな操作で運転の質を良くも悪くも変えれるので、車で自分を表現したい方にはポルシェケイマンが向いています。