【評価は?】ジープラングラーはダサい?買って後悔する人の特徴5選

  • 「ジープラングラーアンリミテッドを買って失敗した」
  • 「ジープラングラーアンリミテッドは買わないほうがよかった」

このように後悔しないためには、購入前にジープラングラーの情報をしっかり調べることが大事です。

最近、ジープラングラーは街中でも見かけることが多く、アウトドアブームと並行して人気を集めています。

また、女性ユーザーも増えてきており、強くてかっこいい女性を演出してくれる車なのでしょう。

ジープラングラーは4種類あり、主に2ドアタイプと4ドアタイプ(ラングラーアンリミテッドと呼ばれるタイプ)です。人気なのは、やはり4ドアのアンリミテッドで2ドアタイプだと後席に人が乗り降りしにくいという面があります。

では、そんなジープラングラーアンリミテッドを買って後悔する人の特徴や、逆に買うのにおすすめな人の特徴を解説していきます。

ジープラングラーアンリミテッドは買うと後悔する?購入後の失敗事例5つ

ジープラングラーアンリミテッドを購入して後悔するポイントを5つ紹介していきます。

燃費が良くない

燃費は他の一般的な車に比べると悪いです。

  • スーパーのお買い物などの近所走りだと7km/L台
  • 街乗りで約8~9km/L前後
  • バイパス道路やスーッと走れる空いてる道路では9~10km/L前後
  • 高速道路では11km/L以上

実際に乗ってみてのおよその燃費を表しています。

この数値は乗る人の感覚の問題なので、中には思ったより悪くないと思う方もいるもしれません。

しかし、車に対して燃費を重視している方には、購入後に後悔してしまう可能性があるので向いてないでしょう。

整備士くん
燃費を気にするあまり、乗る頻度が少なくなる人いるみたいです。

後部座席の乗り心地が悪い

後部座席に関しては、リクライニング機構がないので長距離の運転に関してはしんどいです。

ラングラーのJLモデル(2018年モデル)は以前のJKモデル(2007年モデル)に比べると座席の角度が少し緩やかになってマシになったのですが、寝たいときや車酔いした時には座席を倒せたほうが便利かなと思います。

また、足元も元々広くなく、仮に運転席の方が席を後ろに下げて運転する場合はもっと狭くなります。なのでお子さんが後ろに乗る場合は良いかもしれませんが、大人の方が乗る場合は2~3時間が限度かもしれません。

整備士くん
長距離、長時間運転には向いてないでしょう

先進安全性能が完璧ではない

ジープラングラーはオフロードでもガンガン走れる走破性の高い車である分、先進技術の面に関しては十分な性能ではないです。

2018年に行われたユーロNCAPという「安全性能」に関してのテストが行われました。そこではまさかの5点満点中の1点という低評価でした。

「成人乗員保護性能」「子供乗員保護性能」「歩行者保護性能」「安全補助装置」の4項目があり、そのどれもが合格点に届かなかったそうです。

その中でも、自動緊急ブレーキやレーンキープアシスト機能がついていないという理由で「安全補助装置」の項目が点数が低く、今後の改善に期待したいところです。

※ただし、このテストが悪いので事故しやすい、故障しやすいわけではなく、普通に安全運転していれば防げることでもあります。

整備士くん
少しでも安全機能がついていてほしい方には向いていないでしょう。

車内がかなり揺れる

ちょっとした段差や少しの凸凹道だったとしても、ほぼ間違いなく車内が揺れます。

他の車に乗ったことがある方にとっては、以前の車より揺れを感じやすく乗り心地は悪くなるでしょう。

寝ている方が起きたり、車酔いしてしまう方もいるので、購入前には試乗をしていろんな道を走ってみましょう。

整備士くん
乗り心地を求めている方には向いていないでしょう。

車体サイズが大きい

見た目からわかる通り、車体の大きさは大きく存在感があります。

大きいことによって困ることが以下のようなことです。

  • 停めれない駐車場がある(立体駐車場)
  • 狭い道や住宅街を通るときに通りにくい
  • 小回りが利かない

駐車場に関しては、都市部だと立体駐車場が多く、車高の制限を超えてしまうことがあるので、せっかく見つけたのにまた探さないといけないこともあります。

また、新型ジープラングラーアンリミテッドの最小回転半径は大きく6.2mもあります。最小回転半径は大きければ大きいほど、小回りが利かず、曲がりにくかったり、駐車時に何度も切り返しをしないといけないので、取り回しには注意が必要です。

整備士くん
今まで大きい車に乗っていなかった方は慣れるまで苦労するかもしれません。

ジープラングラーアンリミテッドに不満?実際に買った人の悪い口コミ・レビュー

ジープラングラーアンリミテッドを購入した方の実際の悪い口コミ・レビューを3つ紹介します。

小回りが利かない

マサキさんの口コミ・クチコミ・評価・評判(ジープ ラングラー)|中古車なら【カーセンサーnet】 (carsensor.net)

小回りが効かない

驚くほど乗り心地が悪い

yamchaさんの口コミ・クチコミ・評価・評判(ジープ ラングラー)|中古車なら【カーセンサーnet】 (carsensor.net)

軽トラよりはマシレベルの乗り心地です 驚くほど乗り心地が悪く、自分で運転して乗り物酔いする という経験は20年以来初です

荷室スペースが狭い

本当にこんな車が好きな人しか乗れない車|ジープ ラングラー|クルマレビュー – みんカラ (carview.co.jp)

1ナンバーで2人乗りにしても狭い荷室

ジープラングラーアンリミテッドに満足?実際に買った人の良い口コミ・レビュー

ジープラングラーアンリミテッドを購入した方の実際の良い口コミ・レビューを3つ紹介します。

どんな道でも進める車

kさんの口コミ・クチコミ・評価・評判(ジープ ラングラー)|中古車なら【カーセンサーnet】 (carsensor.net)

スキーなどで雪山に行くにしても、海や川に遊びに行くにしても不安なく目的地にたどり着ける。
壊れるかもしれないと不安になる気持ちもあったが、17年メカニカルトラブルは皆無で信頼性の高さが実証された。

最高にかっこいいデザイン

3.6ℓショートボディはカッコいい|ジープ ラングラー|クルマレビュー – みんカラ (carview.co.jp)

見てくれが最高にカッコいい
これにつきる

視野が高く運転しやすい

楽しすぎます!|ジープ ラングラー|クルマレビュー – みんカラ (carview.co.jp)

視野が高いので、運転中の景色が一変します。車を操縦する感覚が好き。車の大きさを感じさせない運転のしやすさが一番、車高の高さでの景色が良くて、車をはじめて買ったとき走らせてるだけで楽しかったあの頃に戻れました。

ジープラングラーアンリミテッドを買う人はどんな人?どんな人におすすめ?

ここまでジープラングラーアンリミテッドを購入して後悔した事例や悪いイメージを共有してきました。

しかし、逆にジープラングラーアンリミテッドを購入するのにお勧めなのは一体どんな方なのでしょう。特徴とともに3つ紹介していきます。

とにかくかっこいい車に乗りたい方

ジープのラングラーのデザインや見た目は、とにかくかっこいいと評判です。友達や知り合いだけでなく、通りすがりの人にも「かっこいい」と褒めてもらえます。

そして最大の特徴と言えば、屋根やドア、フロントガラスまで取り外しできるのでかなり開放的なドライブができることです。

男性の多くが一度はやってみたいワイルドな運転を実現してくれます。

一度ジープラングラーのオーナーになってしまうと、他の車に乗れなくなり病みつきになる方が多い車です。

リセールバリューがいい車に乗りたい方

ジープのラングラーはリセールバリューが良いことでも有名です。

例えば、新型ラングラーアンリミテッド(JL)の3年落ちだと、リセールバリューが100%を超えることもあります。つまり、新車で買った価格よりも高い値段で売れます。

他にも、5年落ちで80%以上、7年落ちで50%以上など、車の状態にも寄りますが、他の輸入車に比べて圧倒的にリセールバリューが良いです

リセールバリューが良い理由は、人気が高いことや中古車の需要が高いこと、モデルチェンジが少なくデザインが大きく変わらないことが挙げられます。

車を資産としても考えたい方には、かなりおすすめです。

オンロード、オフロード両方対応の車に乗りたい方

とにかく悪路走破性がかなり高いので、どんな道でも進んでいけます。

元々オフロード向けの車なので当たり前ですが、公道での運転も問題なくスムーズにできるので二刀流の車と言えるでしょう。

普段から走りにくいような道を行くことは少ないとは思いますが、休みの日にキャンプで山道に行くとなっても、慌てることなく対応できるでしょう。

また、最近では車で入れる砂浜に遊び行く方が増えています。その時も砂浜に足を取られることなく自由に運転できるので大活躍です。

この点に関しては、アウトドアが好きの方やお子様がいる家庭には、頼もしい車であることには間違いないでしょう。

ジープラングラーアンリミテッドに似たような車種との比較

ジープラングラーアンリミテッドに似ている車が2台あるので、それぞれの特徴や違いなどを紹介していきます。

ジムニー

車名 価格 サイズ 燃費
ジムニーシエラ 186万円~
全長 3,550 mm x 全幅 1,645 mm x 全高 1,730 mm
15.4km/L
ジープラングラーアンリミテッド 833万円~ 全長 4,870 mm x 全幅 1,895mm x 全高 1,845 mm 10.0km/L

この両車は雰囲気や形状が似ている車ですが、ジムニーは国産車で、ジープラングラーは輸入車となっています。

イメージとしては、ジムニーが子供で、ジープラングラーが大人という感じです。

価格に関しては、ジムニーのほうが圧倒的に安いです。ただ、ジープラングラーはリセールバリューがかなり良いので、トータルコストではジープラングラーのほうがコスパが良いとも考えられます。

サイズ感に関しては、ジープラングラーのほうが圧倒的に大きくなっています。この両車の決定的な違いがサイズ感になるので、ドンと大きいのに乗りたい方はジープラングラーですし、いきなり大きすぎるのは抵抗がある方にはジムニーが向いています。

燃費に関しては、ジープラングラーは良くないので、ジムニーに軍配が上がります。仮に1000km走るとすると、ガソリン代150円の場合に5,300円ほどジムニーのほうが安くなります。乗る頻度が多い方は燃費が良いほうがお得になるので、燃費もしっかり考えておきましょう。

ジムニーは2ドアタイプになるので、後席にも人を乗せる場合は乗り降りの時、前席を前にずらす作業が必要で多少の手間がかかりますので、その辺も頭に入れておきましょう。

ランドローバー・ディフェンダー

車名 価格 サイズ 燃費
ランドローバー ディフェンダー 674万円~ 全長 5,018 mm x 全幅 1,995 mm x 全高 1,970 mm 9.9km/L
ジープラングラーアンリミテッド 833万円~ 全長 4,870 mm x 全幅 1,895mm x 全高 1,845 mm 10.0km/L

こちらは両車ともに輸入車で、ランドローバーがイギリスメーカーで、ジープラングラーがアメリカメーカーです。

見た目は両車ともにカッコよく、他を寄せ付けない存在感のある車となっていて常にライバル関係にあります。ただ、顔の雰囲気は互いに特徴が異なっている印象があります。

価格に関しては、ランドローバーのほうが安いです。ただ、日本で人気でよく見かけるのはジープラングラーのほうが多い気はします。

サイズ感に関しては、ランドローバーのほうが大きいです。全長が5mを超えるのでかなりの大きさで、市街地などの運転には少し気を遣う場面も出てくるでしょう。

燃費に関しては、一緒と考えてもらっていいでしょう。

走行性能や悪路走破性なんかも素晴らしく優劣のつけようがありません。

また、両車とも水の中も走行可能で、ランドローバーは水深900mm、ジープラングラーは水深760mmまで可能なので、万が一の災害などにも役立ちます。

大きな違いとしては、乗車人数が新型ランドローバーの場合7人乗り仕様にもできるので、大勢を乗せて運転することがある方はランドローバーのほうがいいでしょう。