【口コミ・評価】フィアット500は失敗?買って後悔する人の特徴5選

  • 「フィアット500を買って失敗した」
  • 「フィアット500は買わないほうがよかった」

このように後悔しないためには、購入前にフィアット500の情報をしっかり調べることが大事です。

フィアット500は、有名アニメ「ルパン三世」の愛車としても知られるイタリア車です。日本ではあまりないタイプの小さくてオシャレなデザインなので、日本でもかなり人気があります。

ですが、フィアット500について調べると「後悔」「買ってはいけない」のような記事があるのも事実です。なので今回、そんなフィアット500を買って後悔する人の特徴や、逆に買うのにおすすめな人の特徴を解説していきます。

フィアット500は買うと後悔する?購入後の失敗事例5つ

フィアット500を購入して後悔するポイントを5つ紹介していきます。

燃料代や修理代が高い

フィアット500のような外車は維持費や修理代が高いというのは有名な話です。

維持費が高いのは、ハイオクガソリンで走る車だからです。ハイオクは他のレギュラーや軽油に比べて燃料代が高いので、乗れば乗るほど高くなっていきます。

最近は燃料価格も高騰しているので、今までレギュラーガソリンの車を乗っていた方は維持費が高くなることを実感するでしょう。

修理代が高いのは、部品代と工賃が国産車に比べると上がるためです。

部品代に関しては、海外から部品を取り寄せるためその分輸送コストがかかり高くなります。

工賃に関しては、整備士の研修費用が工賃に上乗せされるので高くなります。新型車が出るとその度に研修をして、場合によっては海外に行くこともあるのです。

このように国産車に比べて外車は購入価格以外のコストも高くなることが多いです。

後部座席に乗り降りがしにくい

フィアット500は後部座席への乗り降りがしにくいです。理由は、4人乗りではありますがドアが3つしかないからです。

後部座席に乗るときは前席を倒してから乗る必要があるので、二度手間になります。

よく3人以上でドライブする方には向いていないでしょう。

長時間の運転は疲れるかも

フィアット500は、乗り心地が悪いと感じる方もいます。理由の1つがファブリックシートを使用していることです。

ファブリックシートは滑らかな触り心地ですが、滑りやすいという短所もあるので運転姿勢を長時間安定できないことがあります。

また、シートが硬めなので疲れがたまりやすくなる要因になっています。

フィアット500などの外車はデザイン性が優れているが、乗り心地にこだわる方は購入前に試乗をして確認しておきましょう。

室内、荷室が狭い

見たらわかる通り、室内がとても狭いです。車高も低いので長時間の運転では、圧迫感を感じてしまうことがあります。

荷室に関しては、日常の買い物やお出かけでは問題はないですが、遠出や旅行などではトランクが狭くて荷物が積めないこともよくあります。

休日に車で遠くに遊びに行く方は注意しておきましょう。

静粛性が低い

フィアット500は、見た目に反してエンジン音が大きいです。

外にだけ聞こえるエンジン音ではなく、車内にまで聞こえてくるので人によっては「うるさい」と感じてしまいます。

フィアットのトランスミッションはデュアロジックを採用しています。デュアロジックは、エネルギーの伝達能力が高いので運動能力や燃費性能は高いですが、変速時に「ガタガタ」という振動音が大きいです。

フィアット500はオートマ免許でも運転できるマニュアル車なので、その特徴や癖をしっかり把握したうえで購入しないと後悔することになるかもしれません。

フィアット500に不満あり?実際に買った人の悪い口コミ・レビュー

フィアット500を購入した方の実際の悪い口コミ・レビューを3つ紹介します。

エンジン音がうるさい

フィアット500のエンジン音ってなんであんなにうるさいん?

維持費が高い

フィアット500ほっしいいぃいいいいいけどやっぱ外車はきついなぁ…維持費…故障…

子供の 乗り降りがしにくい

ママ友さんの同級生がかわいいからという理由でフィアット500にしたけど、子供乗り降りし辛いし、荷物はいらんし、ちょっとこすったらイタリアからパーツ空輸で25万かかるって発狂してるらしく、俺はノートとかフリードでいいよ

フィアット500に満足?実際に買った人の良い口コミ・レビュー

フィアット500を購入した方の実際の良い口コミ・レビューを3つ紹介します。

オシャレで楽しい車

フィアット500を運転してみた!

めっちゃオシャレなのに走る楽しさもある!
めっちゃいい車じゃないですか?笑

小回りが利いて運転しやすい

私のセカンドカー
フィアット500‼️過走行の車両を60万円で購入‼️一年ノートラブル‼️小回りが効いてかわいいやつです

引き算技術により実現した低燃費

ハイブリッド等の足し算の技術ではなく排気量と気筒数を減らす引き算により低燃費と内燃機関本来の愉しさを両立
年々厳しくなる各種の規制に雁字搦めにされた現代のクルマ達の中にあり小さなボディに大きな存在感を秘めて内燃機関最期の輝きを放つかのようなコンパクトカー
それがフィアット500である

フィアット500を買う人はどんな人?どんな人におすすめ?

ここまでフィアット500を購入して後悔した事例や悪いイメージを共有してきました。

しかし、逆にフィアット500を購入するのにお勧めなのは一体どんな方なのでしょう。特徴とともに3つ紹介していきます。

デザインがオシャレな車に乗りたい方

フィアット500の最大の特徴が、オシャレで可愛い外観でしょう。

レトロな雰囲気もあり、まさにイタリア車というデザインで男女ともに人気の車です。

フィアットは女性に乗りやすいようにと考えている会社で、今は女子のオーナーのほうが多いです。アニメの「ルパン三世」でルパンの愛車として登場してから一気に知名度も上がりました。

多少、運転時のデメリットはあっても可愛いオシャレな車に惚れ込み購入する方が後を絶ちません。

コンパクトで小回りが利く車に乗りたい方

見た目の通り、サイズ感はかなりコンパクトです。先ほど、サイズが小さく室内が狭いというデメリットをお話ししましたが、反面それがメリットにもなります。

それは、狭い道が多い日本でも問題なくスイスイと運転できることです。少し遠回りだが狭い道は避ける方も多いと思いますが、フィアット500なら最短距離のルートを選べます。

また、小回りが利くので駐車場選びも苦になりません。大きい車だと狭い駐車場を避けがちですが、フィアット500の最小回転半径は4.7mとかなり小回りが利くので、どんな駐車場でも問題なしです。

なので、運転にあまり慣れていない方には取り回ししやすくておすすめの車です。

外車で燃費の良い車に乗りたい方

外車の中でも燃費の良い車となっています。外車は燃費が悪く10km/Lを切る車も少なくありません。

そんな中でも、フィアット500の実燃費は約15km/L前後とされています。ハイオクガソリンで燃料代が少し上がる分を、燃費でカバーしてくれます。

独特なエンジン音で楽しい走りを提供してくれるにもかかわらず、燃費がこれだけ良い車はなかなかないです。

フィアット500に似たような車種と比較

フィアット500に似ている車が2台あるので、それぞれの特徴や違いなどを紹介していきます。

アバルト595

アバルト595

アバルト595はフィアット500がベースの車で見た目はかなり似ていますが、中身が少し違う部分もあります。

車名 価格 サイズ 燃費
アバルト595 320万円~ 全長 3,660 mm x 全幅 1,625 mm x 全高 1,505 mm 14.1km/L
フィアット500 1,2cult 255万円~ 全長 3,570-3,610 mm x 全幅 1,625 mm x 全高 1,515 mm  18.0km/L
  • 価格に関しては、アバルト595のほうが高いです。アバルト595はフィアットをよりスポーティーにしたイメージなので、能力も少し上がり価格にも差が出ています。
  • サイズに関しては、全長がアバルト595のほうが長いです。さほど長さの差はないですが、最小回転半径がアバルト595のほうが0.7mも長いので小回りはフィアット500のほうが利きます。
  • 燃費に関しては、フィアット500のほうが良くなっています。アバルト595のほうがスポーティーになっている分、燃費はある程度許容しないといけないです。

他の違いはエンジンにあります。

フィアット500のエンジンは直列4気筒1.2Lエンジンと直列2気筒ターボツインエアエンジンの2種類があります。最高出力は63kW(85ps)/5500rpmです。

一方、アバルト595は直列4気筒1.4Lツインタークーラー付ターボエンジン搭載になります。最高出力99kW(135ps)/5500rpmです。

つまり、アバルトのほうがパワーや最高出力を発揮しやすいということです。

外車になるのでサイズの割に価格はしますが、新車にこだわらない方であれば中古車でも豊富に車はあるので探してみるのもいいでしょう。

トゥインゴ

トゥインゴ

トゥインゴはフランスパリ産の車で、フィアットにも雰囲気が似ているオシャレな車です。

車名 価格 サイズ 燃費
トゥインゴインテンス EDC 239万円~ 全長 3,645 mm x 全幅 1,650 mm x 全高 1,545 mm 17.4km/L
フィアット500 1,2cult 255万円~ 全長 3,570-3,610 mm x 全幅 1,625 mm x 全高 1,515 mm 18.0km/L
  • 価格に関しては、両車ともエントリーモデルで比較するとトゥインゴのほうが15万円ほど安くなっています。
  • サイズに関しては、トゥインゴのほうが全体的に大きいです。ただ、トゥインゴの最小回転半径は4.3mなので、小回りはトゥインゴのほうが利きます。
  • 燃費に関しては、両車ともほとんど変わらず、ユーザーさんからの意見でもほとんど変わらない結果が多かったです。

フィアットとの大きな違いは、トゥインゴが5ドアということです。なので、後部座席に人を乗せることが多い場合はトゥインゴのほうが便利です。

また、トゥインゴのオートマティックトランスミッションは変速時にショックが少なく、「ガタガタ」と振動することもありません。

さらに、RR(リアエンジン・リアドライブ)の採用されて静粛性が高くなり、十分な広さになっているので乗り心地にこだわる方はトゥインゴがおすすめです。

車の購入で不安な時は?ガリバーで在庫確認をしよう

ここまでフィアット500の注意点やおすすめポイントについて解説してきましたが、車を購入する前にすべてを理解することは難しいことだと思います。

また、車を購入しようと検討している方の中には、

  • 予算をもう少し抑えることはできないか
  • どんな車があるかをたくさんの候補の中からすぐに探したい
  • 店に行くとしつこく営業されそう
  • 大きな買い物なので安心できる所で買いたい

という悩みを抱えている方も少なくないのではないでしょうか。

ガリバーの中古車提案サービスでは、これらの悩みを解決できます。

ガリバーの中古車提案サービスであれば、

  • メーカー、車種名、予算と条件に合った車をたった35秒で探すことができます
  • 毎日入荷台数は500台と種類も豊富です
  • 安心の全車種保証付きです
  • 全国に約480店舗ある大手中古車ブランドです

そして何より、非公開在庫もあるので、周りも知らない情報をいち早く知ることができます。

非公開在庫とは、一般公開されない、マーケット流通前のたいへん貴重な車両情報です。

この非公開在庫は、お問い合わせいただいたお客様のみへの情報公開となりますので、お問い合わせしておくことをおすすめします。

悩んでいるうちに好条件の車が他の方に先に取られてしまうこともよくあるので、少しでも気になっているのであれば、一度探してみてはいかがでしょうか。

\ガリバーで欲しい車種が見つかる!
ガリバーガリバーガリバーガリバー